トップページ
デイサービスセンターとは

 

 

 

  認知症介護実践研修(実践者研修)及び認知症対応型サービス事業管理者研修

 

目 的

 

 北海道デイサービスセンター協議会では、北海道・札幌市において認知症介護実践研修実施機関の指定を受け、認知症介護の専門的知識・技術習得機会の推進を目的として下記の研修事業を実施する。

 

【認知症介護実践研修(実践者研修)】※以下「実践者研修」
 認知症の方がその有する能力に応じて自立した生活を営むことができるよう、認知症介護実務者に対し、認知症の方の介護に関する知識や技術の修得を図り、福祉専門職として、求められる多様なサービス形態に対応しながら、介護現場で実践できる専門職員を養成し、もって認知症高齢者に対する介護サービスの充実を図ることを目的とする。


【認知症対応型サービス事業管理者研修】※以下「管理者研修」
認知症対応型デイサービスセンター等の管理者の方に対し、認知症介護や、事業所を管理・運営していくための理念及び知識、技術の修得などを図り、認知症の方に対する介護サービスの充実を図ることを目的とする。

 

目 標

 

1.

道内デイサービスセンターにおける認知症への理解を深める。

2.

認知症の正しい理解と予防等について学ぶことにより、生活環境を活かした認知症高齢者の自立支援の展開を図る。

3.

認知症介護の専門職として、自身の認知症介護に関する理念を再確認し、自身の認知症介護の知識と技術の検証を行い、その検証に基づいて「新しい気づき」や「見極め」の技能を修得する。
さらに、自身の介護現場において、認知症介護の知識と技術を実践的に展開できる力を習得する。

 

 

 

 

 

Copyright 2003 Hokkaido DayServiceCenter Conference. All rights reserved.